作用機序

薬の化学構造と特徴

【メトホルミン(ビグアナイド)と化学構造式】有機カチオントランスポーターや作用機序などを解説!

メトホルミン は非常に歴史の古い薬であるにもかかわらず、その作用機序も未だ完全に解明されていない謎の残る薬剤の一つです。 塩基性の高い化合物で、その化学的な性質が作用に重要な役割を果たしていることも近年わかってきています。 今...
薬の化学構造と特徴 番外編

【メトホルミンとイメグリミンの特徴と違いは?併用できる?!】化学構造式や作用機序などを比較!

メトホルミンは歴史が古く今なお現場でよく使用されている薬の一つですが、2021年にメトホルミンに非常に似た構造式の イメグリミン (ツイミーグ®︎) が上市されました。 イメグリミンはメトホルミンにエタン(C2)がくっ付いただけの構...
タイトルとURLをコピーしました