新着記事

薬の化学構造と特徴 番外編

【紅麹( モナコリンK )とスタチン系薬剤】薬学で見る紅麹問題〜化学構造式とファーマコフォア〜

令和6年3月下旬、とある紅麹含有商品が健康被害を発生させていたことが明らかになりました。未だ原因は解明されていませんが、国立医薬品食品衛生研究所が令和6年5月28日に公表した原因物質に関する情報で「 モナコリンK の誘導体」を示唆する化合...
薬の化学構造と特徴

【 光線過敏症 と 化学構造式 】光毒性・光アレルギーのメカニズムを詳しく解説!(※有料)

光線過敏症 と 医薬品の化学構造式 の関係について、医薬品・化粧品成分と光(紫外線)が反応することで人体に何が起きるのか、過去の記事よりもさらに化学・薬学的に深く掘り下げて解説します! 光線過敏症のメカニズムについて解像度が高まると...
医薬品

【肥満改善薬「 オルリスタット (アライ®︎) 」】作用機序や副作用、化学構造式を解説!

オルリスタット (アライ®︎)は肥満改善薬のダイレクトOTC*として注目を集めており、『内臓脂肪・腹囲の減少薬』としてR6年4月8日より発売予定です。 今回の記事では、オルリスタット (アライ®︎)の効果や副作用、対象者の条件といっ...
薬の化学構造と特徴

【メトホルミン(ビグアナイド)と化学構造式】有機カチオントランスポーターや作用機序などを解説!

メトホルミン は非常に歴史の古い薬であるにもかかわらず、その作用機序も未だ完全に解明されていない謎の残る薬剤の一つです。 塩基性の高い化合物で、その化学的な性質が作用に重要な役割を果たしていることも近年わかってきています。 今...
化学(薬学生向け)

【メトホルミンとオルメサルタンの一包化で着色?!】配合変化の反応機構を解説!

実務でも度々問題になる メトホルミン と オルメサルタン の一包化ですが、薬剤師国家試験でも問われている有名な配合変化の一つで反応機構も交えて復習しておきましょう! 薬学生の方々は国家試験対策や復習の参考にしてみてください。 ...
薬の化学構造と特徴 番外編

【メトホルミンとイメグリミンの特徴と違いは?併用できる?!】化学構造式や作用機序などを比較!

メトホルミンは歴史が古く今なお現場でよく使用されている薬の一つですが、2021年にメトホルミンに非常に似た構造式の イメグリミン (ツイミーグ®︎) が上市されました。 イメグリミンはメトホルミンにエタン(C2)がくっ付いただけの構...
タイトルとURLをコピーしました