新着記事

薬の構造と特徴 番外編

エリスロマイシンとクラリスロマイシン〜酸安定性の違いを構造式で比較〜

今回は、"非常に似た化学構造式なのになぜそんなに性質が異なってくるのか"、というのを実感してもらうための短い記事です。 共に14員環マクロライド系のエリスロマイシンとクラリスロマイシンは、化学構造がほとんど同じにもかかわらず、エリス...
一般の方向け

薬剤師の新型コロナ感染体験記〜新型コロナウイルス感染症(Covid–19)で役立った常備品(市販薬とサプリメント)〜

はじめに 正直、このタイトルで記事を書いて良いものかと初めは躊躇(ためら)いましたが、実際に自分が感染してみて、症状とその辛さ、コロナを意識し常備しておいて良かったものを、ほぼ個人の感想ですが、参考になればと思い体験記として残します...
薬の構造と特徴 番外編

メトトレキサートの化学構造と特徴〜葉酸の構造式から薬剤を比較する〜

DNAは最終的にタンパク質を生成するための情報部分であり、細胞増殖など免疫系でも重要で、葉酸の代謝を阻害すればDNA合成も阻害でき、細胞増殖も抑えることができます。メトトレキサートと葉酸の構造は非常によく似ています。ファーマコフォア的にもジヒドロ葉酸とメトトレキサートの酵素との相互作用の仕方はほぼ同じようです。
薬の構造と特徴

ボノプラザン(タケキャブ®︎)の化学構造と特徴〜従来PPIと構造式から比較する〜

プロトンポンプ阻害薬(PPI) PPIの作用機序と課題 プロトンポンプ阻害薬(PPI)は胃底腺壁細胞に存在するプロトンポンプ(H+, K+–ATPase)を阻害することで、胃酸の分泌を阻害する薬剤です。 従来のPPIは一...
薬の構造と特徴

フィネレノン(ケレンディア®︎)の化学構造と特徴〜ミネラルコルチコイド受容体(MR)拮抗薬〜

はじめに ミネラルコルチコイド受容体(MR) MRは心臓や血管以外に、主に腎臓の遠位尿細管などに発現しており、代表的なミネラルコルチコイドであるアルドステロンが結合するとNa+再吸収により血圧が上昇します。既にMR拮抗薬として...
一般の方向け

後発(ジェネリック)医薬品が先発品と効果が違う?〜その原因などを薬剤師が解説!〜

ジェネリック医薬品と先発医薬品の治療効果がどうして同等と考えられ、どの点で違いが出るのか、一般的にあまり認知されていない、誤解されやすいところを中心に解説してみようと思います。やはりまだまだ負のイメージを抱いている方は少なくありません。
タイトルとURLをコピーしました