化学構造

薬の化学構造と特徴

【メトホルミン(ビグアナイド)と化学構造式】有機カチオントランスポーターや作用機序などを解説!

メトホルミン は非常に歴史の古い薬であるにもかかわらず、その作用機序も未だ完全に解明されていない謎の残る薬剤の一つです。 塩基性の高い化合物で、その化学的な性質が作用に重要な役割を果たしていることも近年わかってきています。 今...
化学(薬学生向け)

【メトホルミンとオルメサルタンの一包化で着色?!】配合変化の反応機構を解説!

実務でも度々問題になる メトホルミン と オルメサルタン の一包化ですが、薬剤師国家試験でも問われている有名な配合変化の一つで反応機構も交えて復習しておきましょう! 薬学生の方々は国家試験対策や復習の参考にしてみてください。 ...
薬の化学構造と特徴 番外編

【メトホルミンとイメグリミンの特徴と違いは?併用できる?!】化学構造式や作用機序などを比較!

メトホルミンは歴史が古く今なお現場でよく使用されている薬の一つですが、2021年にメトホルミンに非常に似た構造式の イメグリミン (ツイミーグ®︎) が上市されました。 イメグリミンはメトホルミンにエタン(C2)がくっ付いただけの構...
薬の化学構造と特徴 番外編

クロピドグレル(プラビックス®︎)とプラスグレル(エフィエント®︎)の違い〜抗血小板薬を化学構造式から比較〜

クロピドグレルとプラスグレルの違いを化学構造から見てみましょう。両者の違いは「代謝過程」によく表れていて、プラスグレルの方が作用が早く効き目にムラが少ないことがわかります。抗血小板薬の代謝は薬剤師国家試験でも狙われるので必見です!
薬の化学構造と特徴

H1受容体拮抗薬(抗ヒスタミン薬)の違いを比較!〜化学構造式とファーマコフォア〜(※有料)

H1受容体拮抗薬(抗ヒスタミン薬)は最もポピュラーな薬効群の一つで古くからある第一世代と比較的新しい第二世代に大きく分けることができます。作用する受容体の立体構造に関連しそれぞれの薬剤の化学構造にも違いが表れているので確認していきます!
化学(薬学生向け)

【 テオフィリン、カフェイン、テオブロミン 】の違い〜似てるけど違う?!化学構造式の読み方〜

今回は化学構造の読み方を紹介します! テオフィリン、カフェイン、テオブロミンはどれもキサンチン誘導体で身近な成分ですが、これらの化学構造の類似性と独自性(相違部分)に着目すると様々なことがわかってきます。
化学(薬学生向け)

薬剤師国家試験対策〜臨床と有機化学①『 マイケル付加 (Michael付加) 』〜

今回は“臨床に繋がる有機化学“を紹介します!マイケル付加はα,β–不飽和カルボニル化合物に求核剤が共役(1,4–)付加する反応で薬剤師国家試験でも狙われます。マイケル付加は薬の毒性や軽減、そして薬の作用機序にも関係しています。
雑記

【 ファーマコフォア 】薬学に重要なファーマコフォアの見つけ方と化学構造式をわかりやすく解説!

今回は現場で働く薬剤師や薬剤師として臨床で働く可能性のある薬学生に向け、改めて「化学」に親しみを持って欲しいなと思い書きました。今回紹介するファーマコフォアや化学構造は難しい反応機構を考えなくても大丈夫なので、比較的取り組みやすいと思います。
雑記

【化学構造式の勉強におすすめの本・書籍】構造式と薬理作用の関係を臨床へ活かせる本を紹介!

化学構造式に興味はあるけど、何から手をつければいいのかわからない。今回はそんな方のためにも、 化学構造式 と 薬理作用 の関係が解説され、かつ臨床(医療)に繋がりそうな内容の本・書籍をピックアップし紹介していきます。
薬の化学構造と特徴

【シスプラチン(白金製剤)】化学構造と錯体〜酸化数・配位結合や作用機序を詳しく解説!〜(※有料)

シスプラチンの化学構造はその薬理作用を発揮するために非常に重要で、がん細胞DNAで作用するまでに必要な化学的性質変化を、細胞内外の体液組成まで上手く利用した形になっています。配位子場理論による安定性とSN2求核置換反応による置換活性とに分けて考えます。
タイトルとURLをコピーしました